chizukablog

   千鶴伽の最新スケジュールやお知らせ、ライブ・ツアーのレポート写真もアップします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0502本番

続きを読む »

スポンサーサイト

とりあえず!福岡ツアー終了!

最終日の6日小倉チャチャタウン終了後、とっても若いお兄ちゃんに、
『カッコよかったですよ!また来てください。』と、声をかけていただいたので、
『お!若者!ありがとう。サイト、みてねー!』と、言っちゃった!

とりあえず、写真を載せます。

続きを読む »

というわけで、写真!

3日ゆめタウン遠賀,リハーサル。

ステージには、音響の岡本工房のお二人。

ゆめタウン遠賀での『音』は!めっちゃいいのです。なんてったって、岡本工房さんが作る音だから。
いつも、本番後のプチ打ち上げで、岡本さんが
『あの曲は、***ですね。実は僕も、キタナ~!って思ったんです
(←音の調整が、岡本さんなりにバッチリはまった!と言うような意味と思われる!)』とか、突然おっしゃるのです。笑
なんという形容詞で表現したらいいのかな?彼は・・・音の博士!
例えば、、、、、、、(いろいろありすぎて忘れちゃってますが、ましたが・・・)
音響機材一つにしても、フツーに手作り!だったりして、『なんかこれ、珍しい機械ですね!』とか、私が言ったりするとですね!
『これはですねえ!ロッキー山脈の***山にしかない石でここ部品を作ってるんですよ。
でも、もうその石は、取れないんです。だから、もうこの音は、他の機械じゃ出せないんです。』とか、
(二年位前に聞いた彼のコメントなので、ちょっと位違ってるかもしれませんが!笑)そんな感じで。

すごすぎー!

私の大事な、大好きなスタッフの一人。
本当にコンサートって言うのは、心ある素敵なメンバーは勿論のこと、
音響さん、当日のスタッフ、そして当日にはいなくても、その日までこのイベントに力を貸してくれたスタッフ!、
み~んなと作り上げる・・・いわば、映画みたいなもの!なのです。

あ!今回のこの素敵なポスターも!!!
まずは、カメラマンの南雲保夫さん!ヘアメイクのMO:坂本友美さん!そしてデザイナーのYやん!
ありがとおおおおおおおおお!!

右下に見える大きなボード!これは、白石書店さんが用意してくださいました!かっこいい!有り難き幸せ!
そして何より、見に来てくださったお客様!期待を裏切らぬよう、更に精進せねば!!!!
2015110912104311c.jpeg
2015110912121859e.jpeg
.

2015年11月7日!

久しぶりすぎます!

11月の九州イベントツアー、終了!

今回は、3日ゆめタウン遠賀。
4日小倉old jazz barカサブランカ
(この二つは、キーボード錦戸洋之さん!バイオリン尾崎めぐみさん!の三人で。
7日は独りカラオケ。(北九州市日明病院文化祭のイベント出演)

3日はイベントなので、童謡を含めたカバー曲が4割。
4日は私のソロライブなので、いちおオリジナル中心。
とはいえ、old jazz barカサブランカ!だから、jazzにトライ!という試み有り。
二日間で、演奏曲は30曲?とはいかないまでも、25曲くらいになったかな?
曲によって、完全生演奏だったり、オケとキーボードとバイオリンでだったり、オケとバイオリンでだったり、、、
全曲のアレンジを、リハーサルの日に、ひとつひとつ仕上げることになるのです。
≪7日は、、、当初、自分のやりたい曲を!と思っていたのだが、前日に、練習をしていたら、プロデューサーから連絡があり、同様昭和歌謡をご希望とのことで、オリジナル一曲だけ、とかしき島の唄を入れてやることに。≫

で、ニヶ月くらい前から選曲作業を開始!、譜面と音源をようやく揃えてお二人に送ったのは約ニ週間前。
そしてリハーサル当日の長時間たるや!
いやいや、大変だったのはお二人のミュージシャンだったかと思います。

特にここ数年、色々な方々に演奏していただいてる私は、
同じ曲でも譜面がニ、三種類あったり。
レコーディングバージョンとライブバージョンが違ったりすることなんかザラにあり。
なので、演奏者からすると、資料として送って来たCD音源と譜面が違う!どっちに合わせるの?
なんてことは、多々あり、何かと手間がかかる千鶴伽なのです。
時には、譜面が全くないから書いてくださーい!ナーンテお願いも、無きにしも非ず。
特に譜面をまとめる、アレンジをまとめていただくことについては、錦戸洋之さん!お世話になりました!!!

しかも、リハーサル中に、『ここで、ピアノが、カリン!って弾いて下さい!』とか、
『この曲は、バイオリンで、オルゴールみたいに弾いて下さい』とか、ハチャメチャな私の要望に
お二人は、しっかりと応えてくださいました。
リハーサルでの音楽制作は、楽しくもあり、辛くもあり。最も気を遣う場所でもあり。
それぞれの力量や曲に対する愛が見えてしまう場所でもあり。
それなりにスリリングなのです。

さて、一番記憶に新しい、七日の日明病院の文化祭出演について。
精神科の患者さん達もおられる会場で、最初の童謡は、かなり一緒に歌ってくださってました。
会場は、体育館で、ステージ高さは一メートルくらい、すぐ真下に十四、五名の方が、床に座っておられ、
私の方を見上げて、最初は意志のないような瞳で見上げておられました
曲が進むにつれて、そこに意志が映っていって、、、知床旅情なんか、バリバリに歌ってらっしゃった!。
サントワマミーを歌ったときなんかは、プロのパーカッショニストかと思うような、本当に切れのいい!!
クラップが裏打ちで入ってきて、びっくり。わかります?ものすごいリズム感!
思わず笑いながら、ステージ脇を見たら、音響をしていたロッシュブル社長も、プロデューサー中尾カオルさんも、笑ってて。
おそるべし=!いやいや、びっくりでした。

会場を去るとき、思わずそのおじいさんに声をかけたら、『あのうた、いい歌やったよ(とかしき島の唄、のことです)、僕はね、ビートルズが好き!』とね、おっしゃった。わ~この方、やっぱり、音楽通なんだ!と。

以前、施設で暮らしている方は、あまり外の世界を知らない、、、と言うような話を聞いたことがあり、
こういうとこで歌うのは、以来気合が入りまくるようになりました。
歌詞の世界をなんとか伝えようと、がんばりすぎちゃう感じがあって。
知床旅情も、みかんの花咲く丘も、風景をめっちゃ念じて、念じて、歌う~~~~みたいな。
広かったので、もっと会場を走り回って、皆さんの笑顔を近くで見たかったな~!
そういえば、本番直前に、三線の女弦が切れたので、、、、二つの弦(二線?)で弾いたのです。
想定外に難しく、ダメダメでした~小さく弾いたけど。笑
いや=、こんなことってあるんだ!
とかしきの神様は、今日は降りて来てくれなかったのかしら?
三線の二線0

帰りは、小倉駅で、あえて路地裏に入り、小さな定食屋(こういうところ、大好きなのです!)で、皿うどんと餃子を食べました。
路地を曲がれば、ストリップ劇場有り!ロマン映画の看板立ちまくり!な、なかなかヘビーな路地の店で。
めっちゃうまい!おいしーでーす!と叫んだんですが、表情は変えずに『ありがーざす!』と聞こえた、店長おじさんの声。
九州男児っぽい、と言っていいのだろうか?

小倉駅から北九州空港まで、620円の直行高速バス。空港で二時間以上過ごしましたが、ひまでは無かったです。
後日写真ももっと載せますね。
小倉 一平1

10月4日土曜日、ブータン絵画展

写真 (31)

行って来ました。
ブータンの子供達が描いた素敵な絵の数々。
画家の和田さんともお話させていただき、
加えて!ファンの皆さん、久々の友達などとの再会、などなど、とっても楽しい一日でした。

続きを読む »

 | HOME |  »

Calendar

« | 2016-12 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Appendix

千鶴伽

千鶴伽

千鶴伽倶楽部へようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。