chizukablog

   千鶴伽の最新スケジュールやお知らせ、ライブ・ツアーのレポート写真もアップします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/25&26 函館~江差

二日間で3本の本番でした。
25日は施設のみ。
26日は施設のあと、超ドタバタで片付け、移動し、千鶴伽コンサート
内容は、とてもよかったです。

25と26の函館市内老人施設コンサートは、フィギャアバンディのみんな(指導者1人、演奏者6人)との共演コンサート。最初の40分は私と村上ベース、上村キーボードの3人でで童謡&昭和歌謡をやり、後半20分は彼らとの共演。
施設のおじいちゃん、おばあちゃんは、緊張して固まった表情で登場してきたフィギャアのみんなを、孫を見つめるようなあたたかいまなざしで見つめておられた、そんな感じでした。


終演後の、、、、ツアー中、プロデユーサーとして同行している、ロッシュブル音楽出版水谷さんと、村上さんの会話:
『いや~、フィギャアバンディみたいな音っちゅうのは、絶対、プロじゃあ出せんですけんね?』
(村上さんは田川出身、12月16日のバックインタウンには、福岡からきんしゃるですたい!)
『ん~、なんっとも言えん、あのカンジ!でしょ?』(東京生活の長い、石川県出身の水谷さん)
『いやあ~、なんっちゅうかですね?あげん邪念がない音っちゅうのはですね、、、、』(村上さん)
という話。

みなさんにも、お聞かせしたい。
(→そういえば、『とっておきのタカラモノ』CDがありましたね~。)

26日の夜の千鶴伽コンサートは、、、、
宿泊先であった、うずら温泉のホールでの入場無料のコンサート。
お客さんの半分以上は施設の関係の方々と聞いていた私は、このメニューに日々悩み、
異常なほどナーバスになっていました。
だって、もう皆さん、夏も含めて、聞き飽きてらっしゃるくらい、私を、『とかしき、、』、『キュウリ』を、、
聞いてられるし~~~~

おかげで、滞在中は、本場以外、空き時間は全部、リハーサルでした。
結局、、、、
1曲目:キーボードとーベースによるJAZZのインスト

2曲目:ここから千鶴伽登場の、、、『赤いスイトピー』→『ロックンルージュ』
(私のルーツは、、、松田聖子さんです)
3曲目:和田アキ子の『ルンバでブンブン』(これ、メッチャ素敵な歌ですよ!ご存知?)
4曲目:『コーヒールンバ』、、、、

という、いつもは、やらない感じの、、、コンサートでした。
なかなか、うまくいったような、、、あたたかな、楽しい感じでした。


さて、、、このライブ本番直前の出来事。
会場から、一旦引き上げ、客入れとなり、
とりあえず最後の化粧直しにと二階の宿泊部屋へ。
その部屋の前で3人で最後の打ち合わせとなりました。
あまりにナーバスになり、しかしそれでいて、全くメニューも決まらない私に、、、、
村上ベースが、『自分の思ったとおりに曲を選んでいいけん、落ち着いてやればだいじょうぶっちゃ!ついていくけん、ゆっくりやろうや!』と、、、神のような言葉。
『わかった、がんばる~』とはんべそ?位だった私は、会場をでる時に握り締めてもってきた部屋の鍵(と思っていた、長いモノ)で、自分の部屋を空けようとしたら、それは、、、なんと、たて笛でした。


一同、大爆笑!

けっか、私はほとんど口紅も塗らないまま、、、ステージへ。
おかげで、腹も据わった、、、、、そういう感じでした。
 『とっておきのタカラモノ』なんて、、、、
「今日は3人でアコースティックに、やりまーす」といって、スローテンポで始めたのですが、
曲紹介をしたその直後、最前列の人たちがノリノリで乗りまくってきたので、、、
イントロがゆったり始まったにもかかわらず、私は『テンポ、あげて!』と、
後ろを振り返って演奏者の二人に言い放ち
(こういう変更はしょっちゅうなのですが、近頃は、それこそがライブだと、信じ始めた私です。)
結局、かなりのアップテンポで、ノリノリでやりました。

ワクワクドキドキの、ステージでした。

明日からもう師走です。はやいね~。
スポンサーサイト

11月18日 講談まつり

今回で二回目、講談を聞きに行った。
仕事で、最後の一時間しか聞けなかったが。


講談っていうのは、笑いを追及した落語とは違って、オチのある、ためになる話というか、、、、
落語より歴史とか文化とかの知識が聞き側にも必要とされたりする、小話、みたいなものらしい。

初めて行ったのですが、国立演芸場というのが良かったです。
驚いた事に、ロビーの売店で買えるお菓子やコーヒーは、場内に持ち込みOK!ということ。
和装の講談師が、ステージの演壇に座って、扇子みたいなでっかいヤツをバシっと音を立てて打ちながら話が進むんです。場内は6割くらいの客入りで、平均年齢は60歳くらいかなあ。

こういう日本の文化がもっと若者に埋まって、人気だといいのになあ。
私もたまたま最近、講談師の親子さまとお知り合いになって、こういう世界を知ったし。

半蔵門の国立演芸場、皆さん、のぞいてみてください。
お薦めです。


私の電気スタンド

中学生時代に、そういえば買ってもらった。
貼ってある写真は、、、、
ミスターチルドレンの桜井君です。
もう、、、10年前くらいの写真。

台所の食器の中にも、私が幼稚園の時から使われてたものがある。
ちなみに、この机も、確か確か、、、高校生か中学生時代から使ってたものを、
バンドで上京するときに、トラックに積んで運んできた。

オーブントースターは、上京するときに、知り合いがくれたもので、
これはつまり、もう20年近く前に製造されたもの、という事になる。

昔のものは、よくもつよね。

ロックンロールウィドゥ~!アハハーン!

宇崎竜童さんと岩城晃一さんのライブを、、、、
期せずして見に行った。

赤坂の一ツ木通りに竜童さんの店があって。
北海道から来た知人と、その知人の二人、あわせての四人。

メインは岩城さんのようで、岩城さんのディナーライブ、、、、11000円でした。
(知人の知人に、、、、ご馳走していただきました)

丸い6人がけくらいの小さなテーブルに、相席。
私たちは二人ずつ別れて座る事になり、、
私は、その20分前に、北海道から来た知人に紹介されたばかりの男性N氏とテーブルに着いた。

ちょうど私達の正面に座っていた若い女性は、、、、、
細身の、東洋風の、、、小雪さんおようなそんな、いい感じの人でした。
N氏が話しかけて始まった会話から、、、
その方は21歳の歌手で、そしてそのお隣の女性は、彼女の事務所の社長兼マネージャーです!
との事。

「若い彼女!!!美人だから、男にだまされないようにね。
ほら、この彼女(私のこと)位(の年齢)になると、もう大丈夫だけどさ!」とN氏。
すかさず、私は、、、、、
「当然です!私くらいになると、もう全然、ヘイキ!逆にだましますからねぇ!ワハハ~~~」
そういう感じで返しておいた。!

特にむかついたとか、腹が立ったとか言う事では、全然ない、ということを、しっかりと書いておこう。

そうか、こういう風に、この先どんどんあつかわれていくんだな~と思ったら、、、
先々週だったか、年上の女性に、
「千鶴伽さん、早く結婚しなさい!
50になったら、誰も、だれーも、ホンットに相手してくれなくなりますよ。
そうなった時に独りって、ほんとーに、みじめよ!」
と言われた事を思い出した。
その人は、「みじめ!」と、、、、おっしゃったのでした。


「腰が曲がっても、歌ってると思います~。
旅人シンガー、ずっとこの先、やってると思うんですが、、、」とか、
今、私はよく言ってるけど、、、

家に帰ったら独り、
ライブの夜、みんなで打ち上げしてわいわいやって、
家に帰ったらやっぱり独りって、、、どんなかんじかなぁ。

そんな事を思い出していた。

そのN氏は、、、、
テーブルで、21歳の彼女の次にやる都内でのライブのスケジュールを尋ね、
その場で二つ返事でチケットを2枚買い、
自分の会社のパーティに、出張ライブでバンドで来てくれるとしたらいくらですか?と、、、
そういう話を、、、、、、、
ライブが終わってから始めた。

私は、どんな顔して、、、、隣でその話を聞いていたかというと、、、、
12月16日は、千鶴伽ライブですよ~!と思わず言いそうになったので、
トイレに席を立ちました~。笑



宇崎さんは、還暦を越えたとおっしゃってましたが、
ステージでのしゃべりといい、立ち振る舞いといい、
それはそれはカッチョ良かったです。
終わってからもこびりついているのは、
岩城さんの前座っぽくやった、宇崎さんのステージと、
後半にやった、「ロックンロールウイドウ」でした。

帰り際、なんと!奥様の阿木曜子さんが姿を現されました。
綺麗でしたよ~。


かっこかっこかっこかっこかっこかっこかっこつけて泣きたいわ~!
(別に悲しいわけでもなんでもないです~~~)
ロックンロールウィドゥ~アハハーン!
来年、結婚しよ~っと!
いや、ここは正確に。
来年、結婚を目指そーっと!

お久しぶりに

九州は、、、、
2日と5日の二日だけ、各2ステージずつだったが、今まで最強にバタついた。
5日、小倉のCHACHAタウンでは、、、
『キュウリ』の時、小学生3人のダンサーズが登場。
14時からと16時からで、秋の快晴の空の下、おてんとうさまがまぶしいステージでした。

今は、、、
再来週からの函館ツアーの準備、
夏から取り掛かっている新曲、、、、(まだまとまらない!)
そして、今年初めてやることになった12月のホテルでのクリスマスディナーショーの準備、、、
あ!その前に、東京でのしめくくりライブ!
(これは、どう皆さんに喜んでもらおうかと、サプライズを考えています、、、、)

それと、、、
来年からの展望、
これからの音楽活動のやり方なんかも、まじめに考えています。



そういえば、昨日、いつも東京ライブに皆さんで来ていただいている会社へご挨拶へ行ったら、
毎回、東京ライブは赤字なのだから、今回からチケット代を値上げしたらいい!
石油価格高騰のため!という理由にすればわかりやすい!(笑)、、、、
なんていう話も出た。

また、ミュージックチャージは50%前後しか(いやそれ以下のライブハウスが多いと思います)
ミュージシャンサイドに入らないのに、
お店でのお客さんの飲食代が100%店へ入るというシステムについても、
よく聞かれる話です。

ということで、みなさん。
半年に一回やらせていただいている、東京都新宿区のバックインタウンは、
それでも、
都内の中でも多分ベスト3に入る!ミュージシャンオモイの店なのです。
しかも、食べ物もおいしいし、リーズナブルな値段だし。

多分、他のライブハウスは、、、(東京都内の、ということで)
飲食代は、全てお店へいくのは勿論、
ミュージックチャージは、20~30人くらいの集客なら2割から3割が普通だと思います。
それに、駐車場がないライブハウスは当たり前だから、経費として、2~3台分の駐車場代もかかる。

ライブ制作というのは、
本番の前には、皆で2~3日はリハーサルに費やしますし、、、
そういう事を考えると、、、、
黒字は、、、、憧れなわけです。

『あんなにお客さんが入るのに、どうして赤字なの?』という、よく尋ねられる質問への答え。
こういうことについて、とくに自営業の方々は、大きく首をかしげながら、
『それでやる意味有るの?』なんて、私にお尋ねくださるのですが。
ん~~~~~。

なぜか、あるのです。
理由は、、、、言葉にしにくいなあ。

音楽を、やってみたら、わかってもらえるかもしれません(笑)。



余談ですが、、、
小室さん、TVで叩かれすぎだと思います。
マスコミに発表できない事情、
マスコミが発表しきれない黒幕、
そういうのが全くないのだろうか?
そんなに彼独りが悪いのかなあ?????
いい曲をたくさん書いて、たくさんお人が励まされたでしょうに。


 | HOME | 

Calendar

« | 2008-11 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Appendix

千鶴伽

千鶴伽

千鶴伽倶楽部へようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。