chizukablog

   千鶴伽の最新スケジュールやお知らせ、ライブ・ツアーのレポート写真もアップします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末のレコーディング作業!

三歩進んで、二歩下がる、という感じでやっています。


今回の制作は、チト河内さんが、歌のディレクション!
温かく、厳しく、、、本当に毎回勉強になってます。

歌のディレクションとは、、、、、
音程(ピッチ)やリズムの微妙なずれ、歌い方のニュアンス(
→強さだったり、色気だったり、、、つまり、歌の表情のこと
です)などなどを、その曲が向う方向をキッチリ踏まえた上で、
歌を冷静に聞きながら指示をする、、、、というようなこと。


歌う人っていうのは、その歌の歌詞の世界に時として入り込み
すぎたり、ピッチやリズムのことより、感情表現のほうに頭が
入り込んでしまうもの、、、なので、この役がとっても重要な
んです。

土曜日に歌ったときは、「素直に歌えていて、すごく良いね!
」と褒めてもらえたのに、その時より歌いこんで、当然、多少
ともなり上手くなった!翌日の日曜日、昨日の歌は、「ん~~~????」と言われて
しまいました。

上手く歌えてれば伝わる、ではないのですね、本当に。
トホホ、、、、。

一段落して腹ペコで行った、赤坂の定食屋では、、、、
昔ヒットした曲を20年ぶりとかに歌手が歌う場合、、、、、
それが昔の歌のままではなくて、
妙な節回しになっていたり、変にかっこつけたようなリズムになっていたりして、
聴いた瞬間にがっくりすることが良くある!というような話に。

「昔のまんま、そのまま歌ってよ~!」と言いたくなるのは、私だけじゃなかったんだ!

そういうことってないですか?

ちなみに、、、、
今、、、私は80年代にヒットしたある曲を、、、
如何にそのまま、子供が童謡を歌うように!(←チトさんの指示)素直に素直に歌うことに、、、、
苦労しています。



とりあえず、前もって私がやっておくことといえば、
スタジオに入る3~4時間前に発声練習をし、
前の晩から、よくストレッチをして、、、、
クーラーを極力避けてすごす、、、など。

チト河内さんは、、、、インドでも、アルゼンチンでも、
あのザ・チーフタンズとも、、、
その国を代表するミュージシャンの方々とプレイしてたり、、、する方なので、

とにかく、とらえ方もでっかくて。

私が経験したり、思ったりする、、、、
音楽制作に対する矛盾や疑問や、迷いに、、、
今のところ全てに、答えてくださる方です。
スポンサーサイト

昨日のレコーディングにて

スタジオ入りし、約10分くらいの発声練習をして、マイクの前に立った、、、、私に、
プロテューサーちと河内さんが、「なんと短い発声練習!」と、(あきれた?)ひとこと。
それから色々な人のレコーディング本番前の発声練習やトレーニング方法の話に。

矢野★子さんはレコーディング前に、2時間くらい!ピアノを弾きながら発声をやる、とか、
4時間に、1~2時間発声をやり、一回休憩して臨む人の話とか。
その他、ストレッチや、太極拳を取り入れた発声をやる人や、
本番の朝は6時に起きて体操をし、ホテルの部屋で早朝から発声をやる方の話。
某有名バイオリニストも、本番の前には、準備運動として「発声」をやる、とか。
二胡奏者の人が、本番の早朝に、外で何時間もずっと弾いていた!と言うような話とか。


私は、、、、
まあせいぜい15分、いつもそうなんです~~~とは、言いにくかった。
ん~~~~。


「訓練って言うのは、その日隣のやり方を、どれだけずっと続けていけるかってこと」と言うような
深いお話になりました。
15分で臨んだ私の歌録りですが、、、、
とっても調子よく、早々にオッケーテイクが録れ、終了。
でも、さすがに、、、、
こういう話の後なので、妙に消化不良というか、ほんとにあれでよかったのか?とか、
サッパリした気分にはなれず。

「最後に、どういうものを世に残すか?だね」と、
チトさんからの、この日の最後の締めの一言、でした。

あ!チト河内さん、こちらです。
http://chito.blog14.fc2.com/blog-category-0.html

半年振りに?

tamagawa yuuyake

続きを読む »

津久井やまゆり園 コンサート

早朝6時半出発、9時入り、10時からの本番という、おそろしいスケジュール。
午前中からというのは、なかなか喉が「起きにくい」んです。

ということで、、、、
相模湖のすぐ近くの施設に到着するやいなや、私は車中発声練習!

今日も、トラブル続出でした。
会場の体育館でリハーサルを始めようとしたところ、スピーカーから音が出ない!
壊れていたようです。

本番時間が迫ってくるので、先に化粧と着替えをと控え室に戻ったところ、
「あることに気づき」私は大慌て。参りました。
残念ながら、ここには書けません笑、、、、笑い話ですが、いや~、あわてました。
施設内にある病院で、、、なんとか救っていただき!

控え室に戻ったところ、今度は譜面も歌詞カードも全部忘れてきたことに気づく!
3つめのトラブル、です。


約一時間のコンサートは、(スピーカーも、別のものが届いたので)盛況に終了

お客様は皆さん最初からハイテンンションで、私も最初からイケイケ千鶴伽でがんばりました。
ストレートに色々な言葉を投げかけられる今日のような現場のステージは、、、、
なかなか緊張感があって、ハードです。
ステージに出てこられたノリノリの方々のひとりに、腕をつかまれ、、、???
一緒に踊ろうとされていたのかな?
チョットヒヤッとしました。

終演後、、、、
MCはどうだったかなとか、、
自分の歌がよくなかったんじゃないかなとか、
選曲はどうだったかなとか、、、、
いつもの自己嫌悪。

今日はマイクのコードが結構長かったので、長方形の会場の後ろまで歌いながら歩くことを
何度もトライしました。でも、後ろって、やはり前の方よりも少々音量が小さいんです。
だから気になって、何回も、後ろへ行こうとして、、、、。
スピーカーも、出力がそう大きいものではなかったし、仕方ないのですが。
でも、現地の音響スタッフの方も、千鶴伽倶楽部側も一体になって、
みんなで作り上げることができたいいコンサートだったと思います。


みなさん、お疲れ様でした。

リハーサル

富塚さんと二人で、半日やってました。
明日は本番です!

近頃は、エンターテイメントと言う言葉を意識してやってます。
また、会場の空気を、自分の思うように染めていく、のも意識しながら。


事務所では、企画CDの内容の打ち合わせをやっていたそうです。
勿論、私が歌うもの。
そこで、色々な千鶴伽談義!千鶴伽評論が、、、例によって出たそうですが。(こわ~~~)
歌のバリエーション、表現力という話の中で、、、、、

何を歌っても千鶴伽流になってしまいがちで
もっとバリエーションがほしい!と言う話も出たそうです。
(うわ~~~~~、とうとうきた~~~~~~)

そのとき、そこにいらっしゃった、某大御所?(大大御所、、、笑)C氏が、
「歌がめちゃくちゃうまい、何通りにも歌いこなせる器用な歌手を何人か知っているが、
何を歌ってもその人流にしかならないような、不器用な歌手?の方が、俺は好きだなあ」
と、おっしゃったそうな。

それが私のことがどうかは、確かめるのも怖い話ですが、、、、

私も、そういう歌手になりたいと、、、
ある時期から思ってきました。
でも、やっぱり、、、、
「千鶴伽ちゃんは、歌が上手いよね~!」と、
ほめられたいなあとも、おもっちゃうもんですね。

明日も、心して、全力で、やりたいと思います。

美唄へ

チケット 

続きを読む »

10日ぶりの休日

でしたが、、、
待ちに待った冷蔵庫がようやく届く日、と言うことで、
その隣の食器棚の整理、冷蔵庫の中身の出し入れなどなど、、、、半日を費やした。
その間、久しぶりに、ベッドミドラー、マリーナショーのCDを聞けて、
やっぱり、、、昔の曲って、すごいなあ、いいなあと。


夕方、気分転換に商店街へ、そして、いつものように本屋へ。
(おばさんは、7月5日で86歳になったんですよ)
そこでたまたま、おばさんの話。
最近の本は、なんか薄っぺらくてつまらないから、昔の本をいろいろ、
もう読んだものを、また引っ張り出して読んでいるのだけど、
やっぱり昔のは重厚で深い気がするの~~~、、、と。


そういえば、企画CDの打ち合わせを事務所で数日前にしてた時も、
チト河内さんが(今回プロデューサー的な役目で関わっていただくことになりそうです)、、、、、
「昔は、音をしっかりと時間とお金をかけて作ることができた。今はデジタルが発達して安く早く音が録れる尾ようになったが、やっぱり、薄っぺらい音なんだよな~」と言うような話をしてくださった。

彼によると、
昔、あるアルバムの制作で、スタッフとミュージシャン20人くらいで、まずは一月くらい沖縄で合宿。
その後、2週間かけて、、、ハワイでレコーディングした、とのこと。

そんな時代があったんですね~。
考えられないですが。

明日は、企画CDの打ち合わせ、スタジオでの制作作業等々。
がんばります~。

ご無沙汰でした。

予定より一日早く、24日に札幌入りした誕生日でしたが、、、最悪な一日でした~笑。
後半、ナンとかモチカエシマシタガ?
地下鉄では悔し泣き。笑
翌日のステージがなきゃあ、すすき野で飲んだくれたいところ、でしたが、、、、笑笑

明日からライブなんだから!と
駅併設のちょっといいホテルで長湯のサウナ。
サッパリさせて、臨んだ、25日26日の2日間のライブでした。


今回のツアーは、、、、
初日の事件から、、、
なにかとセンチメンタルな北海道でした。

知人で、、、なのに、その方が亡くなった事を私はずっと知らなくて、
ライブの葉書なんかを2年間くらい出してしまってた方が、、、、
札幌周辺に二人も、いらっしゃったことを、ツアー中にたまたま知ったり。

白血病で闘病中の知人が、外泊でリハーサルを見に来られていて
秋の移植手術は、成功率が決して高くないので、今のうちに、、、といような、
なんとも、、、、、、
かける言葉さえ見つからなかった、、、、本番前、だったり、、、

遺影を抱えてライブにおいでになっていた、亡き知人の許婚のお方との再会,,、だったり、、、


驚いたことに!!!
北海道新聞には、小さな写真入りで、コンサート告知を出していただいてました!

そういういくつかの事件は、
たまたま誕生日があったこともあってか、、、、
いつもにまして、心に刺さる出来事となり、、、、


一つ一つのコンサートを、大事に大事にしなきゃなあと。(←イマサラ、ですが)
わざわざ足を運んでくださった方々に、「キテヨカッタナ~!」と、
そう、独りでも多くの方に感じていただけるように、
本当に必死になってステージに立たなきゃいけないなあと、、、


あらためて思った、、北海道ツアーでした。

一週間もかかっちゃったけど、
もじゃもじゃしていた気持ちをやっと整理して、ブログさせていただきました。

私のライブに関わって下さった全ての方々に、
心からお礼申し上げます。
そして、応援してくださっている全ての方、
いつもありがとうございます。

 | HOME | 

Calendar

« | 2010-07 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Appendix

千鶴伽

千鶴伽

千鶴伽倶楽部へようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。