FC2ブログ

chizukablog

   千鶴伽の最新スケジュールやお知らせ、ライブ・ツアーのレポート写真もアップします!

GW

数日前、ひっさしぶりの日帰り登山へ。
丹沢山系の塔ノ岳へ。正確に言うと、山頂手前の峠まで。
翌日は、恐れていた通り、両足太腿の、強烈な筋肉痛で、
三日目の今日、やっとかおをゆがめずに階段を下りれる程度まで回復しました。

GWとあって、駅から登山道入り口へのバスは超満員。
老若男女問わず、いろんな人で大混雑。
すごかったです。此処はどこ?見たいな感じ。


さて、、、、塔ノ岳といえば、5年位前、独りで行ったことのある山で。
その頃は、登山を始めたばかりで、山へ行くのが楽しくてたまりませんでした。
今考えると背筋がぞっとするくらい無謀中の無謀登山で、
地図も磁石も持たず、知識も全く無く、下山時間さえ気にしなかったため、、、、、

塔ノ岳の山頂についた二時半に
山頂の小屋の主から、すぐに降りなさい!といわれて、小走りで下山。
(常識的には、日没前に下山するため、1時には下山開始のタイムスケジュール。)

4時くらいには日が落ちて、どんどん暗くなっていく山の中を、
独りで半べそかきながら降りたんです。
鹿に脅かされたりしながら
ようやく民家の明かりを見つけて下山したのは6時半。
、あの安堵感は今でも忘れません。
最初に見つけた、山のふもとの蕎麦屋に入ったら、
『誰だ!今頃独りで山を降りてきたのは!』と店主の?おじさんに、いきなり怒鳴られました~。
で、数日前に行方不明になった、という、60代の夫婦の、行方不明、捜索!という写真を見せられて、
『近くで熊も、目撃されてるんだぞ!』と、、、、。

でも、その時の単独登山、楽しかったんですよ~。
独りで、てくてく歩く山道は、気楽で色々なことが考えられて、とにかくリフレッシュタイム!
あと、山頂手前の、崖っぷちのようなところにあった山小屋に入ったら、
仙人のようなおじいさんがいらっしゃって、話が感動的におもしろかった。

残念ながら、その小屋はもう今はなくなってしまってるとのことですが。

あの頃と比べ、今はえらく登山ブームのようで、山で出会う女性が多くなったし、
そのファッションも随分変わったような。

半そででもいいなと、チョット思えるくらいの陽気な日でしたが、
山の上は、ダウンのジャンバーを羽織っても震えるくらい、寒かったです。

«  | HOME | 

Calendar

« | 2011-05 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Appendix

千鶴伽

千鶴伽

千鶴伽倶楽部へようこそ!