chizukablog

   千鶴伽の最新スケジュールやお知らせ、ライブ・ツアーのレポート写真もアップします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『この夏を忘れない』vs『あの夏を忘れない』

今、珍しくTVを見てたら、、、、
フジTV23:00~の『僕らの音楽』と言う番組に、吉川晃司山河出演してて、
311東北大震災を踏まえて、曲をつけた!という歌が、
杉並合唱団と吉川さんの共演で始まった

タイトルは、『あの夏を忘れない』

げ~~~~~~~~~~~~~!

私の新曲は、『この夏を忘れない』!


作詞は、夢配達人・・・・&松井五郎さん。

詞は、、、さすが松井五郎さんという、言葉の並び、でした。
曲は、、、吉川さん独特のメロ、でした。


でも、私の『この夏を、、、』も、なかなかいい曲です。
スポンサーサイト

本屋のおばさん

さっき久しぶりに行って、北海道と沖縄の諸々、、、
いい話も愚痴もざっとおばさんに、一気にしゃべってきました。

『あなたのお知り合いの本屋(←これはまちがいで、福祉施設の施設長が、正しい)さんが
お土産にくれた食べ物、おいしいわね~。
ケンスケ(←おじいさん)といっしょに、今のご時世本屋は大変だからって、
同業者の情で、私たちを不憫におもって、だから、くれたのかしら~?なんて話してたの!』と。

『ちがう!!!あれは、仕事先の老人施設から!っていったやん!』と私が訂正しつつ、、、
世の中不景気っていう話になった。

おばさんによると、、、、、
『商店街の金物屋さんも、仕入れにいったら、問屋さんがあそこもここもつぶれてて、
注文できないって言ってたわ!うちと、金物屋と、毎月毎月赤字比べしながら、
どっちがもつかっていってたのよ!』
と、おばさんはまくし立てつつ、、


毎日送られてくるからたまるのよ、これもってって!と言いながら、
注文した本が送られてくる時に、それを包んであるビニル袋を、
『こんな綺麗なんだからすてられないでしょ?ね?もったいないじゃない!』
と言いながら、その、大き目のビニル袋を一枚一枚折りたたみつつ、
いつの間にか20枚くらい、大きな塊となり、
それを今度は、孫のハルカさんのストッキングで作った手製のゴム紐もどき
(←おばさん曰く、こんなに使い勝手のいい紐はない!って、
おまけのある号の雑誌を縛るのにも、その他いろいろ使用中)でとめあげて、
完成した「ビニル袋の塊」を、、、帰り際に私にくれた。


『どうせ私らの本屋は、あとに三年だし、まあなんとか、毎月赤字にその期間くらいは耐えて、
とはおもってるけど、、、、、ケンスケにそろそろお店をたためば?ってね~~~~
やっぱり、私からは言えないしね~。だれかこの本屋、借りてくれる人いないかしら。
二人であと、食べていける分くらいを払ってくれたらいいんだけどね~?』

そんな寂しい話を笑いながらしてました。

不景気は、市井の中に、こっそり、そしてしっかり、、、
そこに、いるみたい。

9/24RBCラジオ出演など、写真を発見。

24日のイベント会場から一旦抜け出してRBCへ。
ラジオ出演終了時の、パーソナリティかでかるさとしサンラとのSHOT!
今回で、この番組へは4回目?

http://www.rbc.co.jp/riradioprog.php?catid=45&blogid=19



それと、、、
9/25MOD'Sライブの写真と感想を発見。
http://awamoriking.ti-da.net/e3592281.html
ほめてくれてます。
年上のお姉さん!って。
げ!

ちょっと元気になれました。
あはは、、、
単純な私。

昨日沖縄から戻りました

MOD'Sライブの翌朝、羽田に戻りました。

空港に着いた瞬間からの東京モード。
あのゆる~い沖縄時間、染み付いた沖縄空気を振り払いつつ、、、
早速忙しい一日で。

沖縄ツアー、疲れた~。
難しいです、沖縄って。

思い出してみると、
沖縄ツアーのたびに、
そう思ってたような。

誰に何を言われたわけではないけれど。
本番のことを思い出しては、
ズーン!と落ち込みつつ、

帰宅してさっきまで、昨夜のライブ映像を見て、
『ん~、よくがんばったライブじゃん』と、思ったりして笑

でもやっぱり沖縄は、難しいです。



ずっと付きっ切りで、、、、、、、、
観光も音響も愚痴聞き役も、何もかにも、
そばについててくださった山田さん。
本番2日間張り付き!ケア!宮城さん!
24日は、舞台スタッフに怒ってくれて(笑)ありがとよ~!
そんで、今回販売係を勤めて下さった、政美さん。
あんな大きな声で『CD販売中で~す!』って、叫びまくってくれて!
御三方、本当にありがとうございました。
あ!ギター富塚さんもご苦労様でした。


写真もいろいろ撮りました。
ちょっと休んで、、、
UPします。






台風様様!

今、見たことも無いくらい、木が揺れてます。
ちょっと怖いのですが、、、、

おかげで、今日は全て予定が中止となり、
自宅でゆっくり!(何ヶ月ぶりだろう?)
北海道新篠津ツアーの片付けと、明日からの沖縄ツアー準備と、
やりたいこと、やれてます!
台風様様です。


ツアー報告、遅くなりました。!
17日に新千歳空港入りし、それから三日間の3つのコンサートは、
なかなかいい感じでやりきることが出来ました。
そしてとても、楽しく、本当に詰まった、充実しきった三日間で、
今後、その時のことを思い出すと、自分が励まされる、というような、
そんなこともおおかった、有り難い!時間でした。
かわりに?母の忘れ形見のイヤリングを、現場でなくしてしまいましたが、
また、あそこへ戻れるようにと、そういう神様の?計らいなんだと思うことにして。(笑)
そんなことも、ちっとも、悲しい気持ちにならないくらい、かけがえない時間を頂きました。

昨夜、事務所でざっとコンサートVTRを見たんです。
何よりも嬉しかったのが、私のコンサートが始まる直前・その最中の、
職員の方達の、、、、なんともいえない、温かい表情で
思う存分がんばってよかった~なんて、しみじみ思った次第です。


今年で二回目の、この新篠津の福祉園祭り、
昨年同様、職員の方々皆さんが一体となってがんばっておられる、、、
そして、入所者のご家族など、み~なさんがそれをすごく楽しみにしておられる、
そのことが、ステージ上からも降りた後も、しみじみ感じられるイベントで~。

終演後、盛り上がった施設内をふらふらしながら、
その幸せ感一杯の空気を満喫していました。


100人くらいはおられる会場での出し物は、
千鶴伽に続き、子供達の空手(氷を割ったりする!)、職員による歌謡ショー(今年はEXILEでした)、
フラダンスなどなどバラエティーに富み、会場は一体となって楽しんでおられました。
入所者の方はむしろ一割くらいで、その御家族と思われる、まさに老若男女とわず。

ステージのあるメイン会場は、
ならんだテーブルにぎっしり、お客さん!
飲んで食べて笑って、たまに声をかけてくださる方もいて、大盛り上がり。
(これが施設のイベント?と昨年も思ったけど、、、、、あ!失礼?ごめんなさい。)

そのお客さんの周囲は、様々な出店で囲まれていて、
お寿司に焼き鳥(←中庭で、施設に関わる外部の方々?青年会?地元の若者??による焼き鳥製造場所があり、ここから運ばれてくる)、職員の方々によるたこ焼き、あげ芋、焼きそばは勿論、ビールは勿勿論論、ジュースも、うどんも(頂きました!おいしかった~)かけそばも!

そして、そのメイン会場までの施設内の部屋にも、色んな出店。
そこには、中学生によるお店も。
周辺農家の野菜屋さん、綿菓子のコーナー(同行のロッシュブルさんが食べれなかったと悔やんでます。)、
陶器のコーナー、などなど。

仕事として、呼んでいただく以上、
「千鶴伽を呼んだ甲斐があったぜ!」と、一人でも多くの方に感じていただかなきゃと、、、
入り日から抱えていたプレッシャーが、ステージに出て行く直前にはドカン!と膨らみ、
そのプレッシャーを、ここで歌えるという私の勝手な幸せ感に、すりかえられるかしら~?
と一瞬は思いましたが、、、、
始まった瞬間から、お客さんのテンションについていくのに必死で、
かといって、静かな佇まいで座ってみている、高齢の方へも、視線ビームを送りながら、
楽しい一時間でした。

今回は、昨年と違って、自分の曲をたくさんやろうと決めていて、
特に、311の東北大震災を踏まえて作った「この夏を忘れない」を歌う瞬間に向って、
会場の空気を持っていく、そんな感じでした。


渡嘉敷の神様は、そんな私に、降りてきてくれましたよ~。(だと、信じてます)
カバーの「東京ブギ」では、張り切って足を上げて踊りすぎて、
ステージ脇で音響のヘルプをしていた職員:EXILE倉田さんに、
パンツを見られた~!と、跡で私は騒いだ、そういうこともあったくらいです。(失礼しました)


《 倉田さんたちがEXILEを歌って踊ってやっておられた時、小さな女の子が、お母さんに、
 「おかあさん、あれ、ほんもの?」と。「ん~、ここでは、ホンモノよ。」とお母さん。
  周囲にウケテマシタ~。 》

なんと、この施設は、音楽イベント用に、JBLのスピーカーを今年そろえておられ、
モニターはバッチリあるし、外の音(お客様が聞く音)も、ロッシュブルさんがバッチリ出してくれてるし、
非常に恵まれた環境で、あとは、千鶴伽さんがちゃんと歌うだけ、の状況。


初日の施設では、全く?スピーカーは無く、天井に埋め込まれた円形スピーカーのみ、でしたが、
(それが、フツーでしょう)
それでもこんな柔らかな音が出るのか?と思うくらい、いい音が出て(ロッシュブル様様)
沖縄の話をしたときに、「私のアニも沖縄戦で死んだのよ~」と、泣き出すおばあちゃんがおられたり、
ベットに横になったまま、クビだけこちらに向けてみてるおじいちゃまがおられたり、
それになりに大盛り上がり、で。

始まる直前に、初対面の施設長様から、「施設を、自分達の発表の場にしてるような、そういう素人さんのカラオケクラブの人達とかが長々とやってくれたりして、それはそれで大変だ」と言うようなお話をお聞きし、
「だから、私たちがコンサートやらせてください!と依頼したとき、よく施設の方に、長くやるのは困る!と、すごく言われることがあるんです~。本当にそういうのって、困っちゃいますよね~」と、、、

なんと、よくもまあ、自分の立場を忘れて、私は言っちゃったもんだから、
時間がたつほど、自分の中でプレッシャーが倍増倍増!
結局、昼食のお誘いもお断りし、曲やステージの流れの復習を、控え室で一人悶々とやることに、、、

ということもあったりしながら、皆さんのおかげで四恩園でも、いい感じのコンサート、出来ました。
なにより、ステージからの皆さんの笑顔が、たくさん咲き誇ってて。



あ~~~~~~~~~~~~~~
長々ン、書いても書いても書ききれない。
また続きを書きます。

とはいっても、明日からはまた沖縄へ。
そして、またいろんな事が起こる、、、だろう。
ん~。


沖縄、ですが、、、
24日の慶良間太鼓同士会25周年記念イベントの開催場所の宜野湾コンベンションセンターでは、
同日、ドリカムのワンダーランド(コンサートイベント)があり、
那覇市内との間で車の大混雑が予想されているのです。
私達は午後一番イにリハーサル予定でしたが、昨夜になって、
那覇市内にあるRBCラジオへの出演に、途中で抜けて行くのは、時間的に間に合わない?という話になり、
関係者の方が、多分今頃困っておられます。

すみません。
どうしましょうね?
どうなるんだろう?

もうすでに、、、、
いろいろと、始まっています。
トラブルは一つでも、少ないほうが良いです~、渡嘉敷の神様。


台風、、、、
それにしてもすごいです。



ようやく準備が終了し、、、

寝ようったって、、、一時間か~。
歌手は体調が大事とは、重々承知ですが。

どうしようもありませんでした。

あ~明日、ちゃんと神様が降りて来てくれますように。


北海道の、、、
新篠津町近隣の方!是非、いらしてください。

ロッシュブルさんが、17~19日の3日間、極力曲を変えてバラエティーあふれるステージにしてくれ!
との要請のため、衣装も曲も変えて変えて!
本当に準備が大変でしたよ!ロッシュブルさん。

明日から宜しくお願い致します。

一息つけば、、、、

昨日は、、、
土曜から入る北海道行きの荷物マトメを、事務所へ行ってやりつつ、
来週末の沖縄ライブ出演の音源制作をしつつ、、、
試験直前の生徒とも共に過ごしたりしつつ、、、
なんとも濃い一日でした。

それにしても暑かった。
夏の最後の、、、うねり?みたいな。
残暑もこれが最後との噂なので、
そう考えつつ、そしたら少し我慢できた。

夏が終わりますね。
忘れられない、夏、でした。

何かとツアー準備に追われつつ。

もうすぐ4時か~。

24日の渡嘉敷島の慶良間太鼓同志会25周年記念イベント用のプロフィ、
さっきまで、修正しながら作ってました。
で、久しぶりに、島との出会い、おじいさんとの出会い、マラソン大会への出演と出場などを思い出しながら、
文字にしていました。

このHPのギャラリーにある、「とかしき島の唄について」の要約、のような話。
せっかくなので、以下に貼り付けました。★~★

★千鶴伽と渡嘉敷島との出会いは、2003年、島の写真を手に、「島の海がきれいなので、私に島で歌を歌わせてください!」と、渡嘉敷村役場に電話したことから。島へ上陸した日に、まずは!と言う気持ちで資料館へ行ったことから、その翌日の島の案内をも、館長さんにお願いし、期せずして多くの戦争悲話を知ることに。その夜は、宿の部屋で独りでは眠れず、宿主の子供部屋に泊めてもらった、それほどショッキングな一日となる。ずっと知らなかった悲話と、そして島の美しさを全国に伝えたい!という強い願いを胸に、東京へ戻って作ったのが、『とかしき島の唄』。この曲は、翌年の「渡嘉敷島の歌コンテスト」で最終審査の会場投票により、288票対287票!1票の僅差で二位となる。
また、2008年、「とかしき島一周マラソン大会」のイベントに出演依頼を受け、同時に10㌔コースへの出場を決意。以来毎日?都内の17階建てマンションの非常階段を深夜に昇り降りしながら鍛え、当日は見事!金・銀・ブロンズの3つのメダルを獲得。出演のステージ直前に、本名と共に年齢を連呼された驚きは、、、今も忘れられない。★


さて、昨日、ライブアルバムの音と文字データーが無事に完成し、10月前半の発売に向けて一歩すすみました。
いや~、、、延び延びです。
お楽しみに。

とかしき島の唄と、神様

確か2004年に、渡嘉敷島の歌コンテスト出場!に向けて書いた曲で、
島での最終ライブ審査の、お客さん投票で、223票と222票の、
なんと一票差で、、、、負けちゃったという怨念の(笑)曲です。

昨日日曜日は、まずはこの曲のオケをスタジオで作っていました。
9/24のイベントで歌うメイン曲。
なんと、マヘアラーニさんという(山田道代さんとおっしゃいます)フラの大先生が、
私の歌詞を表現しながら踊ってくださる、演出となっていて。
しかも、沖縄で一番でっかいホール(宜野湾コンベンションセンター)でやるので、
それなりのオケにしないと、と、ロッシュブルさんと朝から作業してました。

で、9/24の沖縄の音響さんに、前もってこの曲を送るために、オケに仮歌を入れることになり、、、
発声練習とかしながら、そこは超本気モード。
歌いながら、今更思ったのは、、、
この歌の大サビは、全身全霊での毎回賭けなんです。

ロッシュブル社長がオペをしていて、『大変そうだね~?』と。
『この歌の、ここの部分って、毎回ステージでは、ちゃんと神様が降りてこないと、歌えないんです。』
と、、、、今、書いてみると、かなり、かっこつけたような表現だったような気がするが
私は、思ってるままに答えた。
ロッシュブルさんは笑い出し、、、、、
『いや~、千鶴伽、さすが!
 佐野君(→皆さん、ご存知、あの佐野元春さんのこと)と同じこと言うね。
 佐野君の場合は、その神様に毎回お礼を言うって言ってたよ。』と。

SOMEDAYというアルバムの制作を、やってたときの話らしいです。


てなわけで、今日の仮歌入れの時は、
いつもの大神様ではなくて、ちっちゃい神様が降りてきてくださいました。


その他、3~4曲。
作り直したり、コーラス足したり、バランスを変えたり、、、、
あっという間に終電でした。



お疲れ様でした~。

さて、北海道のステージまで、一週間を切り、
毎日毎日、そのステージのことで頭の中があふれてます。

ナーバスな時期が、、、、

やってきつつある。
東京バックインタウンライブ、のような自分のライブ(千鶴伽倶楽部主催のライブ)とは違った、
イベントライブの秋が、、、近付いてきました~。

選曲を考えていたら、、、眠れず、BLGに向ってます。

さて!私自身のイベントライブへの姿勢が、
いいのか、悪いのか、別として、今までとはちょと違ってきました。
自分の曲を上手く取り入れたら、
カバー曲をやるのと同じくらい、お客さんが楽しんでくれることもある、と
そういう風に、ちょっと考えるようになってきたこと。
そして、やっぱり等身大の自分で、
その会場にいらしたお客さん、一人一人と、
向き合うようなたたずまいでいることが、やっぱり大事だって事。
時には、音響よりも。

それと、、、
今回、バックインタウンで発表した新曲『この夏を忘れない』でも固まった気持ちですが、
悲しみの失恋ソングバラードを歌うことはあっても、
トータルで、千鶴伽のコンサートに来て元気になった!って、
会場の皆さんに思ってほしいこと。

昨年も千鶴伽を聞いたが、今回は前回よりも、なんっかよくって、
また来年も、聞きたいなって、思ってもらえたら、、
それはそれは、最高です。

来週は北海道の新篠津。
翌週は沖縄、5年ぶり。
(沖縄の方!タウン情報『沖縄倶楽部』をご覧下さい!!!)
そんで、北海道の根室&中標津。
根室も、、、、数年ぶりです。

今度あそこであの人に会ったら、このこと言わなきゃ、
あのこと説明しなきゃ、
あの人、元気かな?
いろいろあったけど、あの人は私のこと、怒ってるのかな?
とかなんとか、、、
ねむれましぇん。

 | HOME |  »

Calendar

« | 2011-09 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Appendix

千鶴伽

千鶴伽

千鶴伽倶楽部へようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。