FC2ブログ

chizukablog

   千鶴伽の最新スケジュールやお知らせ、ライブ・ツアーのレポート写真もアップします!

とかしき島の唄と、神様

確か2004年に、渡嘉敷島の歌コンテスト出場!に向けて書いた曲で、
島での最終ライブ審査の、お客さん投票で、223票と222票の、
なんと一票差で、、、、負けちゃったという怨念の(笑)曲です。

昨日日曜日は、まずはこの曲のオケをスタジオで作っていました。
9/24のイベントで歌うメイン曲。
なんと、マヘアラーニさんという(山田道代さんとおっしゃいます)フラの大先生が、
私の歌詞を表現しながら踊ってくださる、演出となっていて。
しかも、沖縄で一番でっかいホール(宜野湾コンベンションセンター)でやるので、
それなりのオケにしないと、と、ロッシュブルさんと朝から作業してました。

で、9/24の沖縄の音響さんに、前もってこの曲を送るために、オケに仮歌を入れることになり、、、
発声練習とかしながら、そこは超本気モード。
歌いながら、今更思ったのは、、、
この歌の大サビは、全身全霊での毎回賭けなんです。

ロッシュブル社長がオペをしていて、『大変そうだね~?』と。
『この歌の、ここの部分って、毎回ステージでは、ちゃんと神様が降りてこないと、歌えないんです。』
と、、、、今、書いてみると、かなり、かっこつけたような表現だったような気がするが
私は、思ってるままに答えた。
ロッシュブルさんは笑い出し、、、、、
『いや~、千鶴伽、さすが!
 佐野君(→皆さん、ご存知、あの佐野元春さんのこと)と同じこと言うね。
 佐野君の場合は、その神様に毎回お礼を言うって言ってたよ。』と。

SOMEDAYというアルバムの制作を、やってたときの話らしいです。


てなわけで、今日の仮歌入れの時は、
いつもの大神様ではなくて、ちっちゃい神様が降りてきてくださいました。


その他、3~4曲。
作り直したり、コーラス足したり、バランスを変えたり、、、、
あっという間に終電でした。



お疲れ様でした~。

さて、北海道のステージまで、一週間を切り、
毎日毎日、そのステージのことで頭の中があふれてます。
スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2011-09 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Appendix

千鶴伽

千鶴伽

千鶴伽倶楽部へようこそ!