chizukablog

   千鶴伽の最新スケジュールやお知らせ、ライブ・ツアーのレポート写真もアップします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23日千秋楽ヘ行って来ました。

千秋楽
初めての、生の相撲観戦へ、、、、
縁あって、釧路在住のエストニア友好協会の方と、その息子さん二人と彼女さんに連れてってもらいました。

生!だけあって、TVの100倍、面白かったです。

最後の、、、、
白鳳の試合の時、勝負がついた瞬間の、会場一斉の「うわ~!」というどよめき!
両国国技館一杯のお客さん(一万人くらい入ってるのか?キャパって何人?)
そのほとんど全員の集中力?、気!が、、、、、会場一杯に爆発!
すごかったです。

試合の終了後、、、、
君が代をお客さんも全員起立して歌ったのが妙に感動的でした。
当たり前ですが、誰も、「この歌は戦争賛美だ!」とか言わない。
やっぱり、みんなが一緒に歌える歌ってこの歌じゃん!って、強く思いました。
どんな人も一緒になって。
ナショナリズムの感情が、一瞬、私の胸に沸いた感有り。
暗いけど、、、私は好きです、この歌。


あと、普通TV放送だと終了しちゃった後の、、、、土俵上での色々な儀式。
特に、、、優勝者の白鳳さんへの祝い品進呈式は、すごかったです。
土俵の下に、正装の色々な人種の人達が集まってきてて、
なにかな?と思ってたら、プレゼンターである各国大使さんたち。
その国の色々な特産物をプレゼントするんです。

いちばん 印象的だったのは、アラブ**国からの、ガソリン一年分!(→これはどういう形で送られるのか?)
ブラジルからは???です、とか、
ハンガリーからは??です、とか
あ~~~ほかに、なんだったっけ?
忘れちゃいました、、、、、ごめんなさい
なんか、***を1トン!とか、**をキロ!とか。
想像がつかない量をプレゼント、なんです。
この贈呈式だけで30分、かかりました。
日本国内からもありました!
大分県から、干しシイタケ一年分、
宮崎県から、高級和牛1頭分のお肉、、、、とか。
優勝者の白鳳さんは、プレゼンターの祝辞を聞き、品を渡されて、握手!
その連続連続。



写真が、升席からの光景。
前に、帽子をかぶった兄ちゃんが居て、やたら目障りで、迷惑でしたけど。
(よほど、帽子を脱いでくださいって言おうかと思いましたが、、、我慢。)
升席は4人用の正方形のスペース。
大人4人がチョット小さくなって体操座りや胡坐で観戦する、
これはなれないとチョット辛いかもしれません。
迫力満点なので、おしりが痛いことには、試合終了まで気づきませんが、、、笑、
(床は、特に座布団はなかったような)

二列ごとに、その升席の前後に30センチくらいの通路があり、、
そこを通って座席へ行きます。
はっぴ?をきた会場スタッフが、
おさけやお茶を持ってやってきたり、
食べ終わったものの回収へやってきたり、
常時、うろうろされていました。
売店には、白鳳弁当など、いろいろなお弁当や
焼き鳥6本セット(600円?、かなり美味しい)
コーヒー、ペットボトルのお茶(200円もする)など販売中。

試合スタートは12時くらいから、で、5時くらいまで。

両国国技館は、不思議な特殊な空間でした。


さて、、、
エストニア友好協会の方は、バルトさんと家族レベルのお知り合いで、
千秋楽後゙の、ホテルでの★★部屋パーティー!へも、ちょっと参加させていただきました。
大きな(当たり前!)お相撲さんとお弟子さん(15才の方がおられました)と、、、
その関係者(巷ではあまり見かけない、ド派手な服装の強面の方、、、とか)様方、
女将さん、そして、、、、茶目っ気たっぷりのバルトさんと、モデルのように美人の奥様。
50~60人くらい。

バルトさんと少しお話させていただけましたが、、、
エストニアという小さな国を背負って、20代半ば過ぎの?彼が、がんばっておられるんだなと、、、。
せっかく撮影した、何かのテレビCMも、賭博問題で、つぶれてしまったとのことです。
写真を一緒にとってもらって(笑)一時間くらいで会場を後に。

楽しい一日でした。

相撲観戦、一度は行って見られるといいと思います。
升席でない、普通席は2000~3000円だそうです。
とにかく、TVとは全然違います。

バルト
ご本人から頂戴した、プロマイド?名刺。

千秋楽チケット
千秋楽の升席の入場券と封筒
バルトさんと写真
バルトさんと、ハンス君と記念写真。
スポンサーサイト

コメント

升席いいな~ぁ

升席ですか。いいですね。
一度は升席で見てみたいものですよね。

相撲は、正直あまり興味はないのですが、会場で
観戦できればきっと盛り上がるんでしょうね。

姫のCDを車で聴いてるより、ライブに行ったほうが何十倍も
感動があるように・・・

姫も近年はいろいろなお付き合いをされて、いろいろな
経験をされていることとお見受けいたしますが、
これも姫のお人柄の賜物と、ただただ尊敬する思いで
いっぱいでございます。( ←また姫を褒めてしまった。)

今年は怪我には十分気をつけて、健康でいてくださいね。
陰ながら、いつも応援しております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Appendix

千鶴伽

千鶴伽

千鶴伽倶楽部へようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。