chizukablog

   千鶴伽の最新スケジュールやお知らせ、ライブ・ツアーのレポート写真もアップします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯医者と、本屋のおじさん。

約2週間ぶりに、今日も、また歯医者。

このところ、行く度に、右下、右上、左下、左上、、、、
そんな感じで虫歯治療。

考えてみると、ある特定の歯以外、他の歯については。虫歯治療を
この10年くらいしてなかったのですが、
5つくらい変えて、ようやくたどり着いた、信頼できる!今の先生は、遠慮がちに、
『ちょっと、中を開けてみないとわかりませんが、、、、多分虫歯だと思います~』とか、
『このかぶせたところも、そろそろやり変えたほうがいいかもしれませんね。虫歯かも?』とか。
で、そう言われるまま、削って開いてみると、やっぱり虫歯、ちょっと虫歯!
すごく虫歯。
そんな感じで、治療の終わらないんです

そして今日も、思いっきり、、、、治療。
大嫌いな麻酔の注射をされ、
『ギーン!』『ゴゴゴゴゴ~』『キーーーーンキーン、キーーーン!』と、削る音。
本当に、途中で叫びだしたくなる衝動に駆られる。
ので、そんな時、『私は丸太!私は丸太!』と、心の中でと唱えながら、
丸太になった自分を想像して、体中の感覚を帳消しにするような努力をするんです。

今日は、左の上の奥の奥の歯、だっため、脳に直接響く感じ。すごかった。
で、何より、20分近く、こじ開けられていた口、その両唇の端が痛くてたまりませんでした。
麻酔より何より、あの音と振動と唇が辛かったのでした。

約40分以上の治療を終え、待合室に戻ると、予約時間を待たされまくった患者で満杯。
チョット申し訳ないような気持ちで、支払いを済ませ、
麻酔でしびれた顔面と、当分味も感じない舌を口の中でもてあましながら、

帰りに本屋さんへ。

『おじさん、おはよう!(午後一時前でしたが笑)
 歯医者に行ったらさ~、口が裂けるかと思った。削られる音、たまらんかったんよ~!』
と言ったら、此処からラ、恐るべし、本屋のおじさん伝説、で、、、

『あれ~、かわいそうに。
 ぼかぁ~ね~(→僕はね)、もう、歯が一本も無いからさぁ~。楽なもんだよ。』

『え~!おじさん、一本も無いと?』
(それでいて、おじさんは結構色々なものを自由に食べてるよな~と感心しながら、
 どうやって、その歯を、全部抜かれたんだろう?とか、考えていると、、、、)

『そんでね、ぼかぁ~ね~、ぜ~んぶ、自分で抜いたんだよ、自分の歯!』

(笑うより、ぞっとする方が勝った私→)
『え~~~~~~~~~!自分で抜いたと~~~~?』
(と、叫びつつ、ペンチみたいなものをおじさんが自分の口の中に突っ込んで、自分の歯を抜いている姿が
 よぎりつつ、、、、)


 『そうだよ~!ぐらぐらしはじめたから、どんどん抜いていっちゃったんだよ!』



90歳近くなると、、、、
そんな感じになるのだろうか?

おじさん、恐るべし。
歯医者は、怖い。
(今の先生は、とても良い女医さんです)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Appendix

千鶴伽

千鶴伽

千鶴伽倶楽部へようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。