chizukablog

   千鶴伽の最新スケジュールやお知らせ、ライブ・ツアーのレポート写真もアップします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく一息!

皆様、いつもの、、、、ご無沙汰、ごめんなさい。
先月半ばから、昼も夜もなく、釧路ツアーと福岡ツアーの準備に追われておりました。
ほんとうに、、、全く余裕の無い日々で。

11/3遠賀ゆめタウンイベントコンサート終了後は、二日間ほど、
久々に福岡の実家で、お墓掃除とお墓参りなどをして、、、、、一昨日、東京に戻りました。
お墓掃除をした後って、なんとなく、やっぱり気分がいいものですね。
それと、やっぱり、家族って、いいですね。
兄弟って、最高!笑
最近は少子化で、兄弟が少ないから、、、もったいないというか、残念です。


さて、10/10から始まった、釧路ツアーのためのリハーサル。
施設コンサートと、千鶴伽ライブの二種類のメニューということで、30曲くらい、
ギター&アレンジ円山天使!まるちゃんと、
キーボード坂和也さん!坂さんと三人で、みっちり、リハーサルをやらせていただきました。
特に、あまり、童謡&唱歌というのは、ミュージシャンには、なじみが無いようで、
リハーサルしながら、「なんだっけ?次の曲は、『みかんの里?』」、「いや、『みかん沙漠』笑」、
「いや、『荒城の里』!」とか言いながら、大爆笑続で。
大変でも、とっても楽しかったし、今回もこのお二人に、色々助けていただきました。


リハーサルスタジオに入る直前に、有りえない事に!電話で、ライブハウス側とお金のことでトラブリかけたり、、、、
相当に、滅入ったりしつつも、
スタジオに入り、お二人の音の中に居ると、精神的にも落ち着き・・・救われました。

今後は、釧路ライブの仕切りは自分でしないほうがいい!と、
各方面からアドバイス有り。

そして、10/23、ついに、三人での釧路入り。
この日は、観光!と決めていて、お迎え頂いた、池田社長様&川村社長様のご好意により、
鶴居村で丹頂を見て、摩周湖ヘ行って、、、
夜は、蟹とウニと???北海道という言葉で思いつく、一通りの上手いもの全てを食べた!ような夜でした。


そして、24日!釧路建設業協会 建親会さまの主催:『なつかしい唄と旅話』老人施設コンサート!
この日は、10時からの本番に備え、喉を起こすために四時半に起床!
ついに来た!夢にまで見たような!!!まるちゃんと坂さんの三人での初の施設コンサート!
10時から一箇所目、そして、撤収と移動後の14時から二箇所目の本番。
お二人の演奏は、す~ばらしかったです。
ピタリと、歌についてきながら、寄り添いつつ、盛り上げてくださいました。

そして、夜の打ち上げで話したのが、
私がリハーサルから言ってたとおり、施設の皆さんの『月の沙漠』大合唱ぶり!
すごかったっすね~と、坂さん。

あと、今回取り入れた、江利チエミさんの『テネシーワルツ』と『サイドバイサイド』の洋楽コーナーも好評で、
喜んでいただけて、とっても嬉しかったです。

おばあちゃん、おじいちゃん達の、笑顔と涙、そして大合唱のコンサート。
昨年のような、『君が代』のリクエスト!は、なかったものの、毎度ながら印象深いコンサートでした。

20121024施設コンサート 阿寒00

20121024施設コンサート0

(この写真、二枚とも、小野寺社長のFBより、拝借!ごめんなさい!)

今回は、、、、、
更に、ずっと歌ってきた童謡について、改めて調べたりしたのですが、、、、

大人気シリーズの、『月の沙漠』、『浜辺の歌』、『朧月夜』は、全て大正時代の曲。
この時代には、文学的な童謡の名曲が多く生まれた、とのことです。
ラクダが出てくる『月の沙漠』の風景は、千葉県の御宿海岸。
『浜辺の歌』は、そもそも、求婚のラブレターとして、メロがつくられた曲!

あと、こちらも大人気の3曲は、つながりがあって、
1945年のヒットした、海沼実作曲/歌:川田正子コンビによる『里の秋』は、
もともと、戦争を奨励する内容の3番と4番がある『星月夜』というタイトルの歌詞で、
それを、海沼さんが、たった一回きりのラジオ放送のために、作詞者に書き直しをしてもらって、
結果的に、大ヒットした!、とか、、、

その年にヒットしていた、戦後初の映画『そよかぜ』の主題歌を、食って!ヒットしていたという
並木路子さんの歌による『リンゴの歌』。
この歌に、これに対抗すべく、1946年に海沼&川田コンビで出したのが、
『みかんの花咲く丘』だったそうで、、、
こちらも、たった一回のラジオ放送のために、作られた曲、だったそうです。


あと、、、
ざっと見る限り(一般的に知られているというレベルで!)一番古い歌が、
『埴生の宿』で、これは、確か明治22年。
外国の曲に、日本人が歌詞を翻訳でつけたスタイルとしては、はじめての曲だったそうです。
この頃から明治36年くらいまでに作られた、よく知られている、ふる~い童謡&唱歌としては、
『荒城の月』、『椰子の実』、『夏の思い出』、『花』とか。

そういうことを、円山さんのアドバイスにより、改めて勉強した次第でした。


そして、ついに10/25千鶴伽ライブ。
音響のサウンドハウスの堤さんのご協力のおかげで!
いや、チケットを売ってくださった皆さんの、
そして坂さんとまるちゃんのおかげで、とっても?いいライブでした。

遠くはるばるは、、、石狩郡の新篠津から!
また、美唄から!見に来てくださった方もおられ!感激でした。

この2~3年?、釧路でやった、2回の千鶴伽ライブについて、あまり、いいコメントをしてくれなかった、
お友達関係の方々も(みんな、おじさま達です、仕事抜きの!関係の。)
楽しかったぞ!見直したぞ!才能があるんじゃないか?・・・とか、色々。
とにかく、いいライブだったぞ!とのこと。
わ~~~~~い!
絶叫したいくらい、嬉しかったです。



それもこれも、
どうしたら、おじいちゃんおばあちゃんが喜んでくれるだろう?
釧路の千鶴伽ライブの流れはどうしたらいいだろう?
と、、、私と一緒に、惜しみなく考えてくれた、まるちゃんと坂さん!ありがとう!!!

そして、、、
26は羽田空港から赤坂の事務所スタジオへ。
早速、次の福岡ツアーの音源制作でした。

それからは、日々、福岡ツアーの準備と、生徒の中間試験のための授業、
音響さんとの打ち合わせ。
キーボーディスト錦戸洋之さんとの打ち合わせ、荷物の発送、などなど。
睡眠3~4時間でのハードな日々。

そして、11/2小倉チャチャタウンイベントコンサートの当日の、朝一便の出発!
なんと、なんと!!!!
私は、寝坊してしまい、、、、
起きたら、飛行機が飛び立つ時間を数分過ぎていたのです!!!!!
一瞬、頭が真っ白で、、、、
勿論、お金のことより、何より、小倉での本番に間に合うかなと!
指が震えながら、パソコンのキーボードを震える指でたたきながら、
とりました~、羽田発:北九州空港行きののチケット、スターフライヤー片道33000!
JALでとっていた、片道13700の格安チケットは、手数料6000円をとられ、おじゃん!
でも、まあ、、、本番に間に合ったから良かったものの。
まさに、おーまいがっど!お=マイガッド!!!



あ~、今日はこの辺で。
皆様、blgご無沙汰、スミマセンでした。
また、続きを書きます。
書きたいこと、いっぱいあるんです。
スポンサーサイト

コメント

あららら・・・

色んな事があったんだね。
でも、とりあえず無事終えることができて良かったね♪
33000円の出費は痛かったけど(><;)


ブログのつづきが楽しみだなぁ~。
わ~~~~~い!と絶叫したいくらい、嬉しかったっていう、その大成功した10/25千鶴伽ライブってのが僕は気になって仕方ないんだけど。
それは 多分もう書かないんだよね。

最近は

千鶴伽としていいライブが多いみたいですね。
(以前のライブもよかったけど・・・)

周りのサポートが大きいんでしょう!

でも、姫が真面目ないい人だからみんなサポート
してくれるんだと思います。

やっぱ地方に行ったらおいしいものを楽しまないと!
今回は良かったですね。

ただ・・・・・  


やっぱり姫にはいつも笑える(←ごめんごめん・・クククッ)
  アクシデントのエピソードが!

姫らしいですね。  また私を楽しませてください(笑)

ではでは。 お体を大切に。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Appendix

千鶴伽

千鶴伽

千鶴伽倶楽部へようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。