chizukablog

   千鶴伽の最新スケジュールやお知らせ、ライブ・ツアーのレポート写真もアップします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜中に友達から、、、、

「最近、病院に入院中の母親が、俺の顔もわからなくなってきたようで、行くたびにどう接していいのかわからなくなってきた!」というようなメールをよこしてきた。

これは、自分のことじゃないから言えるのかもしれないし、
仮に、自分がそういう立場に立った時には、なんとかそうありたいなあと思う事ですが、、、、

私は、大好きな大好きな千歳ばあちゃんが、(本名の千鶴香はそこから来た、らしい)
福岡の実家に帰省するたびに、私の顔もわからなくなってボケてきたとき、
人ってだんだん子供に戻っていって、だんだん仏様みたいになっていくんだなあと、、、
その行動や発言を見聞きしながら、、、、、、、、、
笑ったり、がっかりしたり、時には怒ったりしながら、思ったんです。

だから、理想は、、、、
そうなっていく大事な人を、そのまま受け入れながら(想像するだけでも難しそうだ!!!)、
そのまま、その人の相手をしつつ、、、
出来る限り、話をそばで聞いてあげること、
時間をとりたいなあ~と。

(自分の親の時には、出来そうも無いかなあ、、、)


思ったりするわけです。
スポンサーサイト

コメント

寄り添うこと...

認知症の方は最近の記憶が残らず,周囲の状況が理解できず,
とても不安になっている方が多いのです.つじつまの合わない
おかしな言動をしたり,反応が乏しかったり,これらはすべて
自分自身ではどうしようもない不安やとまどいから来る症状だと言われています.
昔,有名な精神科医が,「認知症とは,突然上映中の映画館に放り込まれて,
ストーリーやシチュエーションが全くわからない状況で,映画を
見せられているような状況に似ている」と説明されていました.
どうして自分がここにいるのか,目の前で何が起こっていて,
これから何が起ころうとしているのか...さぞかし不安にちがいありません.

それゆえに,「そのまま受け入れながら」「話をそばで聞いてあげる」
そう,「寄り添うこと」が大切なのです.さすが千鶴伽さん!

かなり症状が進んでも,感情,快不快の感覚,昔の記憶は
豊かに保たれています.
だからこそ,そこにストレートに働きかける歌の力は素晴らしい!
これからも是非いろいろな人たちに千鶴伽の歌を届けてください!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Appendix

千鶴伽

千鶴伽

千鶴伽倶楽部へようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。